イタリア人はマリオをどう思ってるのか?スーパーマリオ30周年記念(?)

      2016/03/12

 

2016年の今年は、スーパーマリオ誕生30周年にあたるという。

 

 

それを記念して、木版画になったものが販売されるという。

 

 

 

■マリオ&ルイージ図屏風木版画額装

価格:194,400円(税込)

 

 

けっこうなお値段ですけれども、90枚の数量限定ということで、むしろ良い投資対象になるのかもしれません!

 

 

 

 

しかし、いつもスーパーマリオブラザーズに関して話題があると、あることを思い出す。

 

アメリカ人の友人が、「日本人はイタリア人をバカにしているのか?」と、けっこう真面目に聞いてきたことがあった。

 

 

 

そういえば、これについての答えを持ち合わせぬまま、

というか、「そりゃあもちろんNOだよ」と言っておいた上で

 

一度も、調べたこともなかったので、調べてみたい。

 

 

 

題して、「イタリア人はスーパーマリオのことをどう思ってるのか?」

 

 

・・・

うーん、どうも日本のサイトだとろくなものが見当たらない。

 

 

 

 

 

あった(笑)

 

英語で調べたところ、マリオという名前のイタリア人が、まさに「スーパーマリオについてどう思うか」に次のサイトで答えている(笑)

 

What do Italians think of Mario and Luigi? How are they marketed in Italy? – Quora

 

 

要点を約すと

・楽しんでプレーしていただけで、マリオとルイージがイタリア人を描写したものだと気付いてなかった

・「スーパーマリオについて、腹を立てたかどうか」と誰かが質問してきた時、逆に「面白いヒゲしてキノコばっかり食ってる小男になんで腹を立てるんだよ」と返し

・「むしろ、マリオはすげえ。お姫様を救うし、でっかい亀を倒すし、キノコを食べて凄い力を得るし。俺はそんなことを夢見るくらいしかできないのに!」と、陽気に返した

 

とのこと(笑)

 

 

 

変な情報も出てこなかったし、複雑な国際関係を反映したものなんかではおそらく無いだろう(笑)

 

 

 

逆に、国や誰かを遠回しにバカにする意図のある作品なんか、なにかある??

 

 

 

参考:

 






↑広告↓





 - 世の中一般