自分の思うことをそのまま認め、ありのままの自分で楽しく生きる方法

      2019/09/25

 

 

Before:自分が思う内容1つ1つに不安がある
↓↓
After: 自分が思う内容1つ1つは、全部そのままで問題ない

 

 

 

 

どのように、上のような変化を得ることができたのか、についてお話したいと思います。

 

 

 

前回の記事では、私自身が精神的に悩んでいたところから、いかに脱却できたか、克服できたかについてのお話でした。)

 

今回の記事でも、私の勝手な考え方をご紹介するのみですが、

 

・「普段から不安や悩みが多い」

・「自信が無くありのままの自分を愛せない」

・「等身大の自分で生きたいができていない」

 

などの経験をしていて、自分が思う内容1つ1つにいつも不安を抱えて悩み苦しんでいる方へ向けてお役に立ちたいと思い書いています。

また、そういった方が身近にいらっしゃる方にとっても意味のある文章ではないかと思っています。

 

自分が思う内容に不安を抱かないようになる、自信を高める方法・・・

 

それは 毎日、「あること」を続ける です。

 

 

 

これさえ毎日続けていれば、まず間違いなく良い方向に行きます。

 

 

簡単にいえば、筋トレのようなものだと考えてください。

 

毎日、腕立て伏せをやったら、筋肉がついていくのは当たり前です。

 

 

 

そういう当たり前のことを毎日、生活の中に取り入れることで、意外と簡単に、人生をより良いものに変えていくことができます。

 

 

鬱や不安などなど、精神的な問題については、とても難しい問題と考えてしまいがちですが

 

実は、とてもシンプルに考えてしまってかまいません。

 

 

 

筋肉が足りないのであれば、筋トレをすればいいだけです。

 

精神的な問題も一緒です。

 

 

 

 

あなたがもし「自分が思う内容1つ1つに不安がある」のであれば

 

不安なく、自分を信じて楽しい気分で普段いるための筋肉が、足りてないということです。

 

 

 

 

もし、筋肉が今、あなたに足りていれば、あなたは今、もっとハッピーで、気分が良いのです

 

だから、今日から筋トレを始めればよい、という、そういうシンプルな話です。

 

 

 

 

・お前は、全くこちらの問題を知らないから、そんな風に軽々しい口調でものを言えるのだ。

・こんな精神的な苦しみは、簡単な話なわけがない!

 

 

などなどの批判をしてくださる方もいらっしゃるかと思います。

 

私も、「簡単に治ります」などとは言えませんし、そう思いません。

 

 

 

ただし、「やるべきことはシンプルで、絶対よくなると思います」とは言いたいです。

 

 

 

私の知る限り、過去の、精神的な悩みが長続きしていた私や

 

私の周りの精神的な悩みを抱える人達は、実は、上で私の言う筋トレを「続けない」傾向があると思っています。

 

 

 

精神的な悩みについて、苦しんだり、時には周りに訴えたりすることはあっても

 

それについて、もし何も今日、対処していないなら

問題は放置されているのだから、同じ状態のままか、あるいは悪化の一途でしょう。

 

 

 

当然、その「対処」を見つけること自体が難しいですし

「続ける」のはもっと難しいかもしれません。

 

 

 

ただし、本当に自分が何を求めているのか

ゴールの状態が解っていれば、達成のための手段は色々あります

 

 

自信が無い人が、自信を取り戻した話など、ネットで検索すれば腐るほど出てきます。

 

 

まず、ゴールの状態をきちんと認識することが大切です。

 

 

ゴールとして、自分に自信をつけ

「自分が思う内容1つ1つは、全部そのままで問題ない状態」

「自分の思うことをそのまま認め、ありのままの自分で楽しく生きることができる状態」

 

 

まず、これらを実現したいと、あなたは思っている人ですか?

 

 

実は、今、毎日が悩み苦しむ日々だったとしても

そこから変わることを本当は望んでいないケースもあります

 

 

あなたはどうでしょうか?

 

もし2つのボタンがあなたの目の前にあって

 

・左を押せば、自分の人生は一瞬で終わる

・右を押せば、自信のある自分になって、精神的な不安が無くなり、毎日が楽しく暮らしやすい状態になる

 

 

という状態なら、

あなたは右のボタンを押したいと思っている人ですか?

 

 

 

 

実は、「左のボタンを押したい、あれば押したい・・・」と思っている人もいるものです。

 

幸せな日々の実現は、簡単にボタンを押すだけの話ではないため、

むしろ、左のボタンのようなものを待っているだけの人 = 死を待つだけの後ろ向きな人もいるものです。

 

(私は長い間そうでした)

 

 

 

 

 

右のボタンのような「一瞬で良くなる」手段は、実際にはなくても、

 

仮にそんなボタンがあったら、どんな風な自分になりたいか? は、定まっていると素敵でしょう。

 

 

 

本気でゴールが定まっていて、そこへ向けて進もうとするならば、必ず精神的な悩みも良い方向に向かいます。

少なくとも、私はいい感じに精神的な悩みが改善した実績があるので

 

私のようになれる可能性はあなたにもあるはずです。

 

 

 

かなり、もったいぶった言い方をしてしまいましたが

続けるべき「あること」とは何でしょうか?

 

 

それは、

 

・自己暗示

・自己洗脳

・アファメーション

・自己催眠

・自己啓発

 

などの、自分の無意識への良い働きかけ です。

 

 

そもそも、精神的に、不安や鬱などで悩む人は

「無意識で自分が勝手に思ってしまう内容が、良くない」のです。

 

 

簡単に言うと

 

自分が思い浮かべることがいつも良い内容なら、不安も落ち込みもありません。

 

 

 

「そんなの当たり前じゃないか?」というツッコミも聞こえてきそうですが

本当に、そのまま、文字通りのことだと思うのです。

 

 

 

そして、自分の思うこと = 思考内容は、意識的に自分が決定しているように普段思えていても

 

かなりの部分が、無意識的に、

つまり「勝手に」「自動的に」沸いて出てきているような内容も多いものです。

 

 

 

 

精神的に悩むことが多い人、いちいち不安になることが多い人は、

自動的に自分が思う内容が悪いから、自分の気分も悪くなりがちなのです。

 

 

別な言い方をすると、

癖になっている自動的に自分が思うこと=「思い癖」が非常に悪い

 

 

 

例えば「楽しく毎日を気分よく過ごす」をゴールとした時に

 

自分が無意識で勝手に思ってしまう思考内容がいつも否定的で

・自分なんかじゃ幸せになれない・・・

・この不安と、鬱状態じゃ、幸せなんか無理だ・・・

 

というようなことを「いつもいつでもどんなときも自動的に」思ってしまう人は

なかなかゴールには辿り着きにくいでしょう。

 

 

思い癖が悪いのです。

 

自分が悪いというか、自動的に自分が思ってしまう「無意識の領域」が悪いのです。

 

 

 

そしてよくある問題は、

この無意識の部分を、今の自分の意識の問題だと勝手に思って、抱え込んでしまうこと。

 

 

 

無意識の範囲は、意識が無いところなので「無意識」と書きます。

意識のないところ、です。

だから、今現在の自分の意識する内容の問題ではありません。

 

 

今の自分が何を思おうが、もはや関係ないところに、問題の根本があるのです。

 

 

無意識から湧いて出る思考内容とは、既に勝手に決まっているようなもので

つまり、自分の今の脳みその状態がどうなの? という話です。

 

 

悪いのはそこらへんの状態であり

それは既に現在、無意識から湧いて出て、存在してしまっているものです。

過去になりつつある現在です。

 

だから、今から、意識的に自分が何を思うか、何を考えるか、というのは、直接、影響力を持ちません。

もう遅いのです。

 

 

 

既に気分が悪いのであれば

既に気分が悪くなる要素が成立している状態なので

 

そこから今、何かを少し頑張っていろいろ意識的に思ってみても、既にそういう状態なので、なんともできません。

過去は変えられません。

 

 

 

鬱状態というのが成立している現在の脳に、

ちょっとやそっと意識的に思う内容を今変えたところで、どうもなりません。

 

 

 

それを、なんとかできると期待している人は、さらに落ち込んだりします。

よくそういう人がいる気がします。

 

 

ちなみに昔の私はそういう傾向がものすごく強かったです・・・。

 

 

今の私の考え方は、もちろん、嫌な発想を自分がしてしまうことはありますが

そもそもそれはそういうものだとして、それ自体をどうこうしようとしないから、昔より楽なのだと思います。

 

あきらめている時は、期待していない分、楽ですので。

 

 

あきらめるべきことはあきらめるべき。

 

ただし、可能性があることならば、ただもう「押したら死ぬボタン」を待つようにあきらめるのではなく

対策を練って、行動をすべきです。

 

 

 

無意識の領域は、意識ではこの瞬間にすぐにどうにもならないもの。

割り切りが重要。

 

 

 

だから、自分が目指す自分の状態 = ゴールが決まった後は

問題をきちっと見極めることです。

 

 

自分のこの瞬間の頑張りが足りないから

意識する内容が悪いから、無意識の領域 =自分の精神状態など が改善されないのではないです。

 

 

自分の能力が低い(と勝手に思ってしまうこと)や

頑張りが足りない(と勝手に思ってしまうこと)など、全く問題ではありません。

 

 

 

言ってみれば、過去に意識してきた内容が、悪いのです。

 

 

ご存知、過去は変えられませんので

過去を悔やむことに、全く意味はありません。

 

悩みを増幅するだけです。

 

 

なので、今、不安や鬱状態のような精神の人は

 

過去や現在の自分の精神状態についてどうこうしようとするのをやめて(不可能なのだから)

未来の自分の精神状態をどうこうするように、考え方をシフトすることです。

 

 

 

不可能な手段ではなく、可能な手段を選びましょう。

 

 

 

そうして、それをする方法は世の中にたくさん溢れています。

 

それが、私が上で言った

 

自分の無意識への働きかけ の方法で、

 

・自己暗示

・自己洗脳

・アファメーション

・自己催眠

・自己啓発

 

などなど、色んな方法があり、色んな言葉で呼ばれます。

 

 

 

 

想像してみてください。

 

 

仮にもし、過去10年間に渡って、自分が毎日毎日、

自分の無意識へ向けて良い働きかけををたくさん行っていたとしたら・・・

 

本当に、今と同じような気分でいつもいるでしょうか?

 

 

 

もっとわかりやすい例で言うと

毎日、10年間、周りから悪口を言われ続ける生活を送った場合の自分と

毎日、10年間、周りから褒められ、愛のある言葉を受け続けて生活を送った場合の自分とで

 

今の自分の精神状態が、同じわけはないのです。

 

 

 

 

だから、未来の自分の良い精神状態のために

 

・自分の思うことに不信感がなくならない自分

・自分の思うことそのままにいつも清々しい自信のある自分

・ありのままの自分を認め、いつも楽しい自分

 

を作るために、

 

 

 

「自分の無意識への良い働きかけ」を、始めましょう。

 

 

 

 

そして

 

 

 

続けましょう。

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ大きく書きました。笑

 

 

が、本当に重要なのです。

続けることが唯一の方法、といっても過言じゃないのです。

 

 

 

 

でも、続ける人は少ないのです。

 

 

私が思うに、

 

「続けないとマジ意味ないよ!」

 

と言ってくれる説得力のある人が、周りにたまたまいなかったばかりに

 

みんな続けられていないのじゃないかと思うのです。

 

 

 

だから、一応、経験者で、

それによって良くなった著者が、

 

 

偉そうに語っていることで批判されることも恐れず

こうやって伝えようとして書いているのです。

 

 

 

何度もでもいいます。

 

続けないと意味ないです。

 

 

 

半年も1年も3年も続けずに、

自分の精神状態は最悪で、自分はもう死ぬしかない

 

とは、言わないでみてほしいのです。

 

 

 

簡単じゃない、レベルのケタ違いな大変な方もいらっしゃるのは解っているつもりです。

 

そうして、そう言った方々が

実際に、こういう無意識への良い働き方を始めること自体が難しい

続けることはもっと難しい

 

という事実も、知っているつもりです。

 

 

 

ただし、そんな方々でさえ、無理せずできるところから3年以上とか続ければ、間違いなく

良くなっていることが実感できるだろう!とも、本当に思うのです。

 

 

 

 

 

人間は、今日、良い本を読んでも、次の日には忘れて生活しています。

 

 

良い本の中で印象に残った言葉、文言があったら

 

例えばそれを毎日見たり

思い出したりする時間を

 

毎日作らなければ

 

 

つまりそういった活動を続けなければ

無意識に思う内容が、改善されていかないのです。

 

 

 

1日だけでは、10日だけでは、1ヵ月だけでは何にもならないのです。

 

 

1ヵ月くらいなら、効果が出る場合もありますが、これも、期待し過ぎは禁物。

何年も続けられたら、間違いなく、思考内容が良くなっている自分に気付けるはず!

 

 

 

 

 

 

・・・まぁ、言ってることは解ったけど、

じゃあ具体的にどんな方法がいいの?

 

という話ですが

 

何が一番良いか、は、「人による」と思います。

 

私のお気に入りをお伝えしたところで

それがあなたに合うか合わないか、好きか嫌いかは分かりません。

 

 

必ず、人によってピンと来る方法は違うはずですので

私の方法は後に参考程度に述べますが、

 

 

大切なのは

自分にあったやり方、ピンとくるやり方を自分で探して、発見することです。

 

 

 

自分がピンとこないやり方を始めてみても、長続きしなければ無意味です。

 

 

大きなフォントで何度でも言います。

 

 

長続きしなければ無意味です。

 

 

私が一番伝えたい部分です。

 

 

 

始めて、1回や2回、1ヵ月や2か月続ければ、完全に素敵な自分に変わるわけでは絶対にないのです。

 

そういう意味で、簡単じゃありません。

 

 

続けられない人には無理、とも言えます。

 

 

 

何年も、なんなら死ぬまで続けるのです。

 

そういう「自分の明るい未来へ働き掛けることを日常的にする自分」へと、変わることです。

 

 

なんかピンとこなくなったり、嫌いになったら、方法を変えればいいのです。

手段なんていくらでもあるのです。

 

 

世界には、色んな情報があふれています。

 

 

日々、精神的に悩みを抱えている時には気付きにくいですが

幸い、この今私の書いている文章、日本語を読めるあなたは、豊かな文化圏で生活しているはずですから

 

 

ネットで少し検索すれば、色々な情報が出てきます。

絶対、「なるほど、これは良いかも」と思う方法があります。

 

飽きたり、嫌になったら、別なのを探してやればいいのです。

 

 

ゴールの内容だって、なんとなくピンと来なくなったら、書き換えてしまえばいいのです。

 

 

 

 

 

ただし、「ゴールを掲げることを辞める」のは絶対にやめましょう。

 

 

 

「鬱や不安なく、気分よく過ごせる自分になる」 などの自分なりのゴールを書き換え、内容をもっと具体的にするなど、変えるのは良いですが

 

もう面倒くさい! となって、ゴールを設定することを途中でやめてしまうのは、残念なことです。

 

 

 

もちろん、自分の人生なので、

結局、ぜんぶ自分の勝手ですから、不安や鬱状態などを改善することをあきらめた!もう不安や鬱と付き合ってこのまま生きていく!という開き直りなど

 

自分で素敵な、別の決断をしたのであれば、

私はもちろんのこと、誰も文句など言えることではありません

 

 

 

でも、自暴自棄になって

 

あるいは、効果がすぐに確認できないからといって、簡単にやめてしまうのは違います。

 

 

まず、効果なんかすぐに出ません。

 

 

 

長期戦です。

 

 

大きなフォントで何度でも何度でも言います。

 

長続きしなければ無意味です。

 

 

 

精神的な悩みは、その状態が酷ければ酷いほど、長く続けなければ全く意味はありません。

 

 

大変な火災が起こっているのに、放水をやめたら、鎮火はしません。

 

 

「私の精神的な問題は、深すぎて

火災でいうなら、絶対に放水の量が追いつかないくらい酷いんだ、だからもう私なんかダメなんだ」

 

 

そんな風にあきらめて、無意識の自分を、思い癖を

良くしようとすることをやめる or 始めない人もいるかもしれません。

 

 

それも含めて、人生は自由です。

自分が決めて、変えられるのは未来。

 

 

火災が酷いなら、もっともっと、放水の量を多くすればいいだけです。

少なくとも、悪化は食い止められます。

 

うまくすれば、少しずつ、鎮火へ向かうかもしれません。

 

 

大切なのは、設定したゴールが未来にあることを信じて

その手段を行動に移すことを辞めないことです。

 

 

悩みが酷いと思う人は

人が1日10分だけ時間を使って、思い癖の改善を試みているところ

1時間使えばいいのです。

 

 

もっともっとひどいなら、1日3時間使えばいいのです。

5時間使えばいいのです。

起きている間、ずっとそれに取り組んだっていいのです。

 

全部あきらめて、悩み続ける地獄の日々を選ぶよりはマシならば、続ければいいのです。

 

 

 

ただし、

歯を食いしばって努力をして苦行をしろ

 

という話ではありません。

 

 

自分のピンとくる、なんとなく好きなことを

気軽にできる範囲で、続けるのがベストだと私は思います。

 

 

無理をしても、続かなければ意味がないのですから。

 

 

 

 

・忙しくて何時間もそんな時間を使えない

・環境に問題があって、そんなことをやれない

・私の状況はひどすぎて、そんなことをやったところで、環境が変わらなければ何にもならない

 

そういう方もいらっしゃると思います。

 

 

だからこそ、無意識への良い働きかけを今日、今から始めるのです。

 

 

そうすれば、そのうち、「この環境ではだめだ。何かを変えねば」と本気で思い

本気で自分が環境を変えるよう

 

勝手に思いついてくれるようになります。

 

 

 

今の悪い状態の自分ではダメでも、毎日、こういう行いを続けているうちに

 

もっと素敵な未来の自分は、行動をしてくれます。

 

 

誰かに連絡をするだけでも

今まで見なかったジャンルの本を読むだけでも行動です。

 

 

 

新たな自分が、どんどん、新しい世界、新しい環境へと自分を導いてくれて

 

すべてはいづれ、どんどんよくなっていきます。

 

 

 

 

それを信じて、続けることです

 

 

 

 

 

 

まとめると

 

① 自分の明るい未来のゴールを認識しなおす

② 無意識の自分を改善する手段を選ぶ

③ 死ぬまで続ける

 

です。

 

 

 

死ぬまで続けるといったって、1日くらい忙しくてすっぽかしてしまうなんて、人間だからありますよね

それですべてが崩壊する、という話をしているわけではありません。

 

 

 

そんなものでは揺らがないほど

無意識というのは、きちんと水をやっていれば、そこに綺麗な花が咲く、素敵な土壌です。

 

 

1日くらい水をやり忘れたからといって、すぐに死んでしまうことはありません。

 

 

 

大切なのは、未来を信じて続けること

 

方法なんて、自分が気に入ったものなら、基本、どれでもいい、ということは強調させてください。

 

 

 

もちろん、誰かがあなたを騙してお金を取ろうとしているような商売に引っかかったりしてしまうのは残念なので避けたいですが

 

私をはじめ、

かつて自分が悩み苦しんでいた人が書いた愛のある文章、そうしてそこに書いてある

「私はこういう方法が良かったです」という文章は

 

その方の、紛れもない愛の結晶です。

 

 

あなたも、精神的に悪い状態の日々から脱すれば同じように思うかもしれませんが

 

心に問題を抱える人というのは

人間が心に感じることのできる闇を知っている人です。

 

 

他の人の痛みも、解る人です。

 

 

自分の心を良い状態にしようと努力するということは

毎日、毎日、他の心に問題を抱える人達へ、幸せや愛、そして自信を分けてあげられる力も、同時に少しずつ増している

ということも覚えておいてください。

 

そういう人になっていきます。

 

 

いつか、ブログなんかも始めてもいいかもしれませんが

周りの人達の、自尊心を高めてあげられる存在になっていけると素敵ですよね。

 

 

そのためにも、まずは自分で自分は幸せだと胸を張っていえるような状態に

脳みそを書き換えていきましょう。

 

 

少しずつ、ゆっくり、しかし、確実に、無意識で次に自分が思う内容が

良いものに変わっていきます。

 

 

3か月で素晴らしい状態になるなんて、甘い考えは捨てておいた方が、後で落胆しないで済みます。

3年続けてみて、やっと少しくらいマシになったかな?と思えるようになる、くらいに思っておきましょう。

 

 

そうしたら、個人差もありますし、やり方にも実際、よるでしょう

どんどん、良い傾向は発見できるようになってきます。

 

 

思い癖さえ良い方向に変われば、こっちのものです。

 

 

どんなに悪いことが起こっても

 

「あーこの悪く見える出来事によって、今後、どんな良いことが起こるんだろう?」と、

前向きに、未来の良い可能性を勝手に信じる癖がついてきたらこっちのもの。

 

 

自動的に自分がそんなインスピレーションばっかりくれるようになったら

人生はとってもイージーですよ

 

 

今、悩み苦しんでいる人達は、Difficultモードです。

難易度:★★★★★ です。

Hell (ヘル=地獄)モードかもしれません。

 

 

これが、どんどん簡単なモード

難易度:☆☆☆☆☆

になっていきます。

 

 

ゆーーーーっくり、しかし、確実に。

 

 

だから、ゴールを定めてください。

手段を、決めてください。

 

軽い気持ちで初めてください。

軽い気持ちで、続けてください。

 

 

絶対に、あなたの人生はより明るいものになっていきます。

 

 

そうでなければ、なぜわざわざあなたが主役のその世界がそもそも存在し、

あなたが主役なのか、わけがわからないと思いませんか?

 

 

そんなクソゲーみたいな人生なら、願い下げじゃないですか?

 

 

どうせ私たちは死にます。

あなたも100%死にます。

 

 

悩みがあろうが無かろうが、どうせ死ぬんだから、

 

毎日、より良い自分になるために、

とりあえずやれることはやっている状態で、今日を生きませんか?

 

 

どんどん人生は楽しくなるんです。

 

統計では、一般に、年齢が高い人ほど、幸福度が上がる傾向が世界中であるそうです。

 

何もやっていなくても、だんだん幸せになっていくんでしょう。

意図すれば、もっと幸せになりやすいわけです。

 

 

気分よく日々を暮らせるように、自分を一番に愛し、甘やかし

そうして無意識に良い花を咲かせていきましょう。

 

 

そして、周りの人達にも、あなたといることで無意識にキレイな花が咲くような誰かに

なっていければ、素敵ですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなってしまっていますが、参考までに:

 

私が良かった方法は

 

・毎日、自分の好きな言葉、良いなと思った文などをパソコンのメモ帳に書いて、朝、必ずそれを眺める

 

・毎日、感謝する対象について思いを馳せる(自分の健康や、周りの人達、知らない人達に対してなどなど、1分くらい)

 

・「ついてる、ついてる」と、ネガティブなことを自分が思ってしまったな、と思ったらすぐに言う(or あたまの中で唱える)というもの (こちらは斉藤一人という方の本にあったやり方です)

 

・海外、発展途上国へ行き、人々の生活を実感する (これは毎日、というわけにはいきませんが、何年かに1度くらいはこれからも続けたいこと。いかに現在の日本が豊かか=いかに自分が本当はラッキーかということに気付けました)

 

 

 

 

私は目的を、「自分は強運だと思い込み、日々を気分よく過ごす」と決めて

こういった手法を始めて、もう10年近くなりますが、どんどんどんどん人生が良くなっている感覚があります。

あらゆる局面で。

 

自動的に思う、思い癖が良いのだから

何を思っても、それを疑わなくなり、結果、直感がいつも最強と、自分で思い込んでいるような人間になっている感じがします。

 

 

もちろん、悪く見えることも、悲しみに暮れたこともありますし、これからもあるでしょうが

回復が早い。

ものすごく早いです。

 

私はこういった手法を始めたことで、続けたことで、辞めないことで

 

とっても良い状態に脳がなり、またもっともっとレベルが上がっているおかげだと思っています。

 

 

 

気分が良い日々、出来事がますます多くなっている感覚になっています。

 

あなたにも、同じようなことが起こりますように!

 

 

ということで、是非

① 理想のゴールを設定し

② 習慣に、「無意識への働き方」を取り入れてみてください。

 

③そして、

 

続けることです

 

 


ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

前の記事「離人症が治った私の体験談。病院や薬と無縁で克服した治し方。より根本的な心の問題とは?」と、こちらの記事(当記事の前のバージョン。ちょっと伝え方があまりよくなかったと反省し書き換える前のバージョンの記事)の2つを読んでくださった方からメールを頂きまして、さらに私自身、考えを深めることができました。

その方とのやり取りをベースにした記事「あらゆる悩みが解決する!?自殺の肯定~最悪の場合を受け入れる覚悟~」を書きましたので、こちらもご一読頂ければ幸いです。

 

 

また、私の文章を読んで「こんな風に思いました」など感想やご意見などコチラから頂けますととても励みになります。お互い匿名のままという条件のもとで意見交換などもさせて頂ければ嬉しい限りです。






↑広告↓





 - 心の中