赤の他人を愛する

   

 

 

大切にしたい人たちは、下の3タイプ

 

 

① 自分

② 周りの人達

③ 知らない人達

 

 

大切にすべき順番は

 

まず、自分

 

そうして、周りの人達

 

 

その後、知らない人達

 

 

 

ただし、できるかぎり

誰もが、誰か別な人のために犠牲になるべきではない、と思う。

 

 

 

知らない人達だからといって、

 

周りの人達や自分のために、犠牲にしてよい、と考えたくはない。

 

 

 

 

知らない人達は、タイミング次第で、周りの人達であり

 

周りの人達は、時に、ほとんど自分と同じくらい大切になる

 

 

 

もっとも遠くの

 

最も関係が無いように感じる誰かを

 

 

最も大切な自分と同じように愛そうと思うと

 

 

それは難しいように感じるが

 

 

 

 

そう思ってくれている誰かが、世界にたくさんたくさんいてくれるなら

 

 

それは素敵なことだ。

 

きっと世界は、「ずっとこれからも良くなる」ように感じる

 

 

 

 

同じように自分も

 

「最後まで知ることのない誰か」を愛せるなら

 

 

 

ずっとこれからも、全てがよくなっていくような気がする

 

 

 

 

 - 世の中