あなたが天才であると思い込むべき理由

   

 

天才は

 

当たり前に行うことで褒められやすいので、

 

より自信が付き

 

より多くの挑戦を、自分にはできるのではないか?と思い込み

 

さらに場数を踏み

 

失敗経験から学び

 

 

さらなる知恵者として、

さらなる成功体験を重ね、

 

より、「天才」と呼ばれるようになっていく。

 

 

 

いわゆる、善循環

 

 

 

 

ではこの善循環は

 

3歳から自分をずっと天才だと思いこんで始まるパターンと

 

50歳くらいから、「自分も実は天才かな?」と思い込み始められるパターンとで

 

 

違いがあるか?

 

 

いや、善循環という意味では

 

両方とも、全く同じだろう。

 

 

 

ただし、人生の残り時間は普通、

 

3歳の方が多く

 

 

できる挑戦の数、

できる体験の量も3歳の方が多い

 

 

 

 

だからなるべく早い段階で

 

「自分は天才」だと思い込めた方が良い

 

 

 

実際、特に周りが言わないうちから

 

勝手に自分は「天才」なのだ、とひそかに思い始め

 

 

そのように生き始めると良い

 

 

 

 

シンプルに、善循環の人生を送ろう。

 

 

 

そのためには

 

どんな勘違いでもかまわない

 

 

他の人の賛同など、必要ない

 

 

 

 

自分は天才であって

なんでもやってみれば、より自分の好きな自分になっていく

 

 

 

 - 世の中